2009年04月04日

司法試験といえば、あらゆる試験の中でも最難関と称される。

ここに、司法試験を受験する二人の若者がいた。

同時期に受験を決意した二人は、模擬試験の成績もほぼ同レベルで合否のボーダーラインにいた。

そこで二人は、既に司法試験に合格して弁護士を開業している先輩に、司法試験合格のコツを尋ねにいった。

この二人をA君、B君とする。

尋ねられた弁護士をC弁護士、D弁護士とする。

A君はC弁護士を訪ねた。

A君「先輩、司法試験に合格するコツは何でしょうか?」

C弁護士「そんなものはないよ!ただひたすら勉強することだけだ。僕は毎日寝る暇もないほど勉強漬けだった。君も死ぬくらい一生懸命に勉強しないと絶対に合格しないよ!」

B君はD弁護士を訪ねた。

B君「先輩、司法試験に合格するコツは何でしょうか?」

D弁護士「そんなに意気込むことはないよ!僕だって合格したのだから、君だったら勉強したら絶対に合格するよ!」

と全く異なる激励を受けたそうだ。

そして、試験の結果はB君だけが合格した!

A君は、その後何回受験しても合格することはなかったそうだ。

ちなみに、この話は実話だそうだ。

つまり、A君は司法試験というものは、超難関で死ぬくらいに一生懸命勉強しないと合格しないものというマイナスの意識が芽生えてしまい、それに左右されて実力が発揮できなかった。

対してB君は司法試験というものは、意外に合格できる可能性が高いということをアドバイスしてもらい、ある程度頑張れば合格できるというプラスの意識が芽生えて、実力以上のものが発揮できた。

これは、一種の心理学なのだが、ある意味「運」でもある。

もし、A君がC弁護士でなく、D弁護士に尋ねていたら、きっと合格していただろう。

C弁護士に尋ねたことが、A君の運の悪さ、弱さなのだ。

例え話になるが、もしA君が運気アップしている状況だったら、間違いなくC弁護士は避けて、D弁護士と縁があっただろう。

人生には、節目の時期というものがある。

●どの学校に行けば良いか?

●誰と付き合えば良いのか?

●どういう仕事に就けば良いのか?

●どの会社に就職するのが良いのか?

●誰と結婚すれば良いのか?

●どういう家に住めば良いのか?

これらのことは、自らが運気アップしていれば、ちゃんと流れができていることだ。

既に、運気アップグッズをご愛用の方や手相の線の運気アップ、オーラのパワーアップを実践されている方は、自らの流れで行動していくことで、きっと良い状況がやってくるでしょう!!


運気アップHP!(運気アップグッズ、占いご相談はこのHPをご覧下さい)

これぞ究極パワー占い(運気アップグッズ、宝くじ高額当選画像他運気アップ画像満載)


  




< 2009年04>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
hLg
過去記事
Copyright(C)2020/「悩み解消!」「問題解決!」「願望実現!」福岡県久留米市 「手相」「風水」「オーリングテスト」「オーラのパワーアップ」運気アップ開運占い師兼行政書士「億万」の楽しいブログ! ALL Rights Reserved