2009年04月08日

不動産の売買業務を行なう度に思い出すことがある。

宅建主任者として、マンションの買主側のお世話をしていたときのことだ。

この方は、いかにも神経が細かく疑い深そうなお金持ちの奥様だった。

息子さんの住まいとして手頃な物件を探していた。

価格が1500万円の交通至便の手頃なマンションが見つかった。

早速、気に入られたので手付金を入れてもらうことになった。

通常、手付金は売買価格の1割程度を入金するケースが多い。

そういうことなので、今回も価格の1割の150万円を入金してもらうように説明した。

本来は絶対に欲しがっていたので2割の300万円を入金してもおかしくないケースだ。

しかし、何を考えていたのか、奥様は50万円を手付にすると言った。

絶対にその物件が欲しいなら、手付は多めに入れたほうが良いですよと何度も説明したが、聞く耳を持たなかった。

手付は、もし自分が契約を解除するならば、手付金を放棄しなければならない。逆に相手側が契約を解除するならば、もらった手付金を倍にして返還しなければならない。

今回のケースは、奥様が大変気に入っていた物件なので、なるべく多めに手付を入れておかないと、相手側から、契約を解除される恐れが多くなる。

何か、嫌な予感がした。誰かから変な知恵をつけられたのだろう!こういう風に契約上のレールを踏み外すと、大体トラブルになることが多い。

案の定、売主側から、手付を倍返しして解除するという事態になった。

奥様は、真っ青になられた!

しかも、私の仲介手数料は払わなければならない。

手付を安くしたために、手付を倍返ししても、利益が多く出る高い価格で購入するという客が現れたのだった。

欲しくてたまらなかったマンションは他人の手に移った!

何故手付を少なくしたのか、奥様に尋ねたところ、仲の良い友人が「手付は勿体無いから、なるべく少ない金額が良い」とアドバイスされたそうだ。

???と思ってしまう何の根拠もない、ただの思い付きのアドバイスだった。

私達専門家から言わせれば、単なる素人の人騒がせな一言である。

奥様は、素人の思いつきの意見に左右されて、トラブルに遭遇してしまう運気ダウンの典型例だ。

例え仲介手数料をいただいても、結末が綺麗なほうが、我々も嬉しいものだ。

その後、奥様から、また良い物件を探して欲しいと依頼があったが、こういう優柔不断な方に何度も付き合うと、こちらまで運気ダウンするのは間違いないので、丁重にお断りしました。

おかげさまで、その後は、そういう勘違いのお客様にはその奥様の具体例を、くどく説明して理解してもらっています。

近々不動産を購入予定の方は、周囲の無責任なアドバイスに左右されずに、宅建主任者の正しいアドバイスを参考にされますように。


運気アップHP!(運気アップグッズ、占いご相談はこのHPをご覧下さい)

これぞ究極パワー占い(運気アップグッズ、宝くじ高額当選画像他運気アップ画像満載)

  




< 2009年04>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
hLg
過去記事
Copyright(C)2020/「悩み解消!」「問題解決!」「願望実現!」福岡県久留米市 「手相」「風水」「オーリングテスト」「オーラのパワーアップ」運気アップ開運占い師兼行政書士「億万」の楽しいブログ! ALL Rights Reserved